オーディションにエントリーする際の対策

これから芸能事務所(芸能プロダクション)の応募しようと考えている人向けての内容になります。

芸能プロダクションが教える、オーディション対策、オーディションに受かる基準
エントリーする際の写真の注意などをお伝えします❗️
オーディションに応募する際に、上記の写真は基本的にNG写真になります。
上記の写真のどこかNGなのか。
背景とインナーの色が被ると、スタイルがわかりづらくなる

オーディション対策

芸能プロダクションには、声優や役者、モデル、Youtuber、Vtuver、エキストラなどの
オーディションがございます。

オーディションを受ける時には、以下の内容に心がけよう❗️

  • 自己PR
  • 特技
  • やりたいこと(より明確の方がよい)
自己PR
自己PRの時間では、制限時間を設けられる事が多い。
制限時間内で何を話していくのか、何をPRしていくのかは
人それぞれ自由だが、ここで勘違いしないで欲しいのは
自己PRは、
という点である。
これは、自分自身のプロモーションする時間である。
あなたという人間性や、何を弊社にもたらす事ができるのか。
本番にどう対応できるのかなど見せていく事が非常に大事である。
自己PRの時間で、ほぼほぼ合否は決まると言っても過言ではないポイントだ。
特技
特技の披露は、自己PRで唐突にやることがベストタイミングでもある。
というのも、「いきなりやる」ということで
面接官に、「ハッ」とさせる印象を持たせることができる。
つまり、特技を一つでも持っているのであれば
それをどのタイミングで使うのかという事が
一つのポイントである。
面接官が、特技を見せてくださいというように振ってくる部分もあると思うが
自分から勇気を持って、あなたの特技を出してみよう。
やりたいこと(より明確の方がよい)
芸能プロダクションのオーディションに応募するという事は
その応募に対して、やりたい事があるから応募しているかと思う
ここに入ればやりたい事が出来るかもしれない。
期待感を持ち、エントリーをしていると思うが
そのやりたいという気持ちを面接の時にも
具体性を持ち、より明確に面接官に伝えていけるかどうかが大事である。
面接というのは、うまく伝えられなくても良い。
オーディションの中で、熱意を伝えられるかが非常に大事な事である。
http://makeuponeslife.site/audition/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

対策は色々と練ってオーディションに望む事は大事だが、あとは現場の雰囲気や経験を積もう

オーディションを受けていく事は、非常に大事である。
芸能プロダクションのオーディションもそうだが、
映画のオーディション、舞台のオーディション、広告のオーディション
自分のやりたいことの分野のオーディションという現場をたくさん受けよう❗️
オーディションに強いタレントになる事が
第一歩❗️
オーディションに強いタレントになることが
やりたいことに繋がる第一歩です❗️
大きい仕事には、必ずオーディションが存在します。
そのときに、あなたの魅力を引き出せるように
色々なオーディションに参加してみよう。
弊社でも、オーディションを開催しています。
ご興味のある方はエントリーしてみてください。
そこには、あなたにとっての「チャンス」があるかもしれません。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

まずは、行動していこう❗️

迷っているなら、まずはあなたのやりたいことが出来そうな
芸能プロダクションのオーディションに応募してみよう❗️
話を聞いてみて、やってみたいのであればやってみるもよし
合わなそうであれば、違う芸能プロダクションに応募してみるのもいいでしょう❗️
まずは行動してみないとスタートしません。
ぜひ、夢へのチャレンジを勇気を持ってしてみてください❗️