前回記事「動画マーケティングでコンバージョンを上げる方法」について記事をまとめました。

良くみるマーケティングの用語の解説

マーケティング:「売れる仕組みを作ること」
コンバージョン(CV):マーケティングの分野では、Webサイトにおける最終的な成果のことを指します。
 <商品別:コンバージョンの定義> 

ユニークコンバージョン:ユーザー単位のコンバージョン
→Aの人が商品を2つ買った場合、コンバージョンは2と表示されるが、この時のユニークコンバージョンは1人が商品を2つ買ったため、「1」となる。

直接コンバージョン
広告などを出稿し、その広告経由でWebサイトに来訪したユーザーが、サイトを離脱することなくコンバージョンに至ること(およびその件数)を指します。

間接コンバージョン
直接コンバージョンに対して、 広告経由で一度Webサイトに来訪したものの 、その場ではコンバージョンをせずにサイトを離脱し、 その後再度サイトに来訪した際にコンバージョンすること を、「間接コンバージョン」と呼びます。

クイック・スルー・コンバージョン
「クリックスルー・コンバージョン」とは、 ある広告をクリックしたユーザー がWebサイトに来訪し、コンバーションした数を指します。同じユーザーが複数回コンバーションしても、「1」とカウントする特徴をもっています。

ビュー・スルー・コンバージョン
ビュースルー・コンバージョンとは、クリックスルー・コンバージョンとは異なり、ある広告を「見た(ビューした)けれども、クリックはしなかった」というユーザーが、Webサイトに来訪してコンバーションした数を指します。

コンバージョンに持っていくための有効的な改善を見出すマップとしてロジックツリーが使われます。これらを活用すればマーケティング効率の改善や課題の抽出が可能です。

<ECサイトのロジックツリー例>

マイクロコンバージョン
マーケティングの目的に応じて、商品購入や資料請求などをコンバーションとして定義します。
コンバーション(最終的な成果)までの道筋を細分化した際の、 「中間コンバーション」 を指します。

ここまでが簡単にマーケティングで使われるコンバージョンの
種類の一部となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーここからが本題ーーーーーーーーーーーーーーーー

動画マーケティングでコンバージョンを上げる方法

<動画マーケティングでコンバージョンを上げる方法について解説しています>

動画マーケティングのデータ

動画マーケティングにおけるデータ

動画広告の活用実態にについて

上記、リンクから動画広告の活用実態について解説しています。

2019年から2020年にかけての調査の実態をレポートしております。

 ●投資を強化する意向は昨年より弱まるも、全体の投資拡大傾向は継続 

動画広告の市場規模は年々拡大し、2024年には約5,000億円に達するとされ、企業の広告活動において動画広告は、今後ますます重要な役割を占めるようになると考えられます。昨年の当社調査でも、約半数の広告宣伝担当者が「今後1年間で動画広告への投資割合を増やす見込み」と回答するなど、動画広告への強い投資意欲がうかがえる結果となりました。

本年の調査では、広告費全体に占める動画広告への投資割合について「過去1年間で増加させた」「今後1年間で増加させる見込み」と回答した方の割合が、ともに昨年より減少しました。しかし、依然として「投資を減らす」との回答に比べ「投資を増やす」との回答の割合が大きく、また、「投資しない」との回答の割合が昨年より減少していることからも、全体としては動画広告への投資意向は引き続き拡大傾向にあることがうかがえる結果となりました。

 <動画広告に期待する効果>

動画広告に過去1年間で投資した、もしくは今後1年間で投資する見込みの広告宣伝担当者に、動画広告が自社の製品・サービスに与える効果として期待する点について調査し、以下の結果を得ました。

<動画広告への投資を増やす理由>

動画広告への投資を過去1年間で増やした、もしくは今後1年間で増やす見込みの広告宣伝担当者に「投資を増やす理由」について調査し、以下の結果を得ました。

 

<動画広告における課題>

動画広告の出稿や、出稿後の効果測定において広告宣伝担当者が課題に感じていることについて調査し、以下の結果を得ました。

動画マーケティングに必要な事

動画マーケティングで必要な事を簡単にまとめました。

  • ペルソナの設定
  • 伝えたい内容の明確化
  • 動画のクオリティー
  • 動画視聴率と動画離脱の関係性
  • インプレッション率とクリック率
  • インプレッションを確保するための施策
  • コンバージョンまで続くための導線の確保
  • 動画から<認知>から<興味>を持つ所までの施策

他にも意識する点はありますが、弊社で作っている動画ではかなり良好的な数字を記録しました。

インプレッション数も高く、ユニーク数も伸びてきており

インプレッションクリック率も、10%以上をキープする動画コンテンツを作り出しています。
動画によっては、 インプレッション率が999%超の動画を作る事に成功いたしました。 

youtubeの動画制作にあたり必要な事と実際にやってみて結果を分析し対策を立て直して
新たに動画をアップロードしていくというPDCAを弊社では徹底しているため数字として成果が出ています。

動画マーケティングとSNS活用方法

動画マーケティングとSNSの関係性は切っても切れません。

弊社でもSNSから動画の流入をしております。

Youtubeのプラットフォームでは多くの動画コンテンツがあり

プラットフォームにある動画素材は膨大な量が存在します。

そのため、自社の動画に誘導するためには

自社商品のファンの誘導をしていく事が必要であり

さらに、プラットフォームにいる潜在顧客の確保をする導線や仕掛けをしていく必要性あります。

youtubeでオススメに表示されるための仕掛け
インプレッション、クリック率をあげるための仕掛け
コンバージョンに繋がるための仕掛け
潜在顧客を確保するための仕掛け

を提案させて頂きます。御社の商品の良さや価値観が伝わる動画作りを弊社と一緒にやりませんか❓

MAKE UP ONE'S LIFE
【電話でのお問い合わせ】
平日 10:00-18:00 TEL 03-6906-7731
【メールでのお問い合わせはこちら】
support@makeuponeslife.site

インフルエンサーによる動画マーケティング

弊社が提案するのは、インフルエンサーを使った動画マーケティングです。

動画マーケティングには戦略が必要です。

多くの認知をされたい。プロモーション力がかかせません。

弊社では、芸能プロダクションとしての繋がりも多く

インフルエンサーの方やグラビアアイドルの方、タレント事務所や、フリーで活動されている方々、多くのタレント様との繋がりがあり、様々な年齢層と世代、ジャンルにアプローチできるのが強みの一つです。

そして、ライブ配信者との繋がり、youtuberとの繋がりや、SNS運用のノウハウがあります。

動画制作だけではなく、データの分析や、レポートの提出、リサーチし、改善の提案などを測定を致します。定期的なディスカッションをしながら、顧客に対しての持続的なアプローチが実現可能となります。

持続的な動画マーケティングを提案

持続的な動画作りとは一体なにか。

テレビCMというのは短期的な動画マーケティングの戦略になります。

ですが、弊社がご提案させて頂く動画マーケティングは持続的かつ段階的な動画マーケティングになります。

コンテンツを新たに作る必要はありません。

弊社が使うコンテンツはYoutubeを媒体としプロモーション動画を制作していきます。

Youtubeに投稿することにより、ロイヤリティーも狙うことができ、かつ、

段階的に商品を見せていくことで持続的な商品アプローチを狙います。

マーケティングの戦略を考案し、実際し撮影、編集を弊社で行い確認していただく形となります。

弊社では多くのクリエイターの方々も関わっていただいているため

一括で弊社が管理をさせていただくので、貴社に動いて頂くのは打ち合わせの段階とチェックなど必要最低限となります。

認知から購買に繋ぐ施策|コンバージョンに繋ぐ

そして、大事な事は認知だけではありません。

コンバージョンにつなげていくということではないでしょうか?

<動画マーケティングでコンバージョンを上げる方法について解説しています>

コンバージョンにつなげていく事を最終的なゴールとしマーケティングの提案をしPDCAを回していきます。

動画マーケティングはデータからも読み取れるように

今後必要なマーケティングです。

動画マーケティングを行うことで実際にコンバージョンが上がるデータも出ています。

ぜひ、動画マーケティングに興味をお持ちになられましたら弊社にお問い合わせください。

MAKE UP ONE'S LIFE
【電話でのお問い合わせ】
平日 10:00-18:00
TEL 03-6906-7731
【メールでのお問い合わせはこちら】
support@makeuponeslife.site