お問い合わせはこちら

ブログ一覧

YouTubeが動画マーケティングの軸となりました。

2020/10/14

YouTubeによるマーケティング戦略が当たり前になってきました。

 

インフルエンサーの活用することで収益見込みを立てていくインフルエンサーマーケティングは、もうすでに時代に遅れていると言えます。

正確に言えば、インスタグラムによるインフルエンサーマーケティングは ごく一部のインフルエンサーにしか意味がないと言えます。

インフルエンサーにお願いしたところで商品が成約に繋がることは ほとんどありません。

もちろん成約に繋がる人もいると思います。 しかし、成約につながる人はごく一部です。

「成約につながる人の特徴と成約につながらない人の特徴は一体何なのでしょう。」

 

答えは簡単。

 

フォロワーとの「信頼度」の違いです。 数字が多くても「信頼度」がない場合は購入につながらないんです。

これは、YouTubeマーケティング戦略でも同じ事が言えます。

そして、YouTubeマーケティング戦略が主流となるでしょう。

根拠として、動画マーケティングというのは「温度」が伝えられます。

 

人の表情、声、雰囲気、リアクションといった温度を伝えられる「ダイレクトマーケティング」だからです。

 

インスタグラマーと言われる方々の多くは、企業案件を機械的にやっている人が多く その多くはフォロワーの方々も企業案件だと既に気付き、「冷めてしまいます」

 

そうなると、インスタグラマーの人のアカウントは ある意味、「死んでしまう」んですよね。

 

インプレッションだけを獲得したいというのであれば話は別ですが、 どんな方々が見ているのか。

 

というところまでリサーチをし 依頼をしていかなければいけません。 YouTube戦略を推すのは リアルな反応を動画で伝えていけるからです。

 

機械的な反応だけではなく「リアクション」と実際の変化を目に見える形として 動きがハッキリとわかる事で「信用」につながります。

 

そして、弊社では動画の制作も含め、WEBマーケティング、改善、提案、データ分析とやらせていただいています。

 

今後のマーケティングは、「動画マーケティング」が主流になります。

まだ、動画マーケティング取り入れてないのは ハッキリいって遅すぎるといっても過言ではないでしょう。

 

時代の流れは「動画」を制作し、顧客にリアルを伝えていく事が重要です。

 

動画マーケティングについてはお問い合わせください。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。