ライブ配信インフルエンサーマーケティング事例紹介

お問い合わせはこちら

ライブ配信インフルエンサーマーケティング事例紹介

ライブ配信インフルエンサーマーケティング事例紹介

2021/10/04

ライブ配信概要

株式会社MAKEUPONE'SLIFE マーケティング

近年、成長が止まらない「ライブ配信」市場。

その魅力は、リアルタイムに双方向のコミュニケーションがとれるという面白さと、

場所の制約に縛られずどこからでも配信でき、ネットを通じてライブ配信をどこでも観れるという手軽さです。

コロナ禍による外出自粛が求められる中で、「ライブ配信」は人々のニーズが増え、その人気をますます後押ししています。

「ライブ配信」と聞くと、個人が楽しむものだとイメージする方も多いかもしれませんが、

今やさまざまな企業が取り入れ始め、認知度アップのためのプロモーションに用いたり

ライブ配信そのものをサービスとして販売したりと、活用する層の幅も広がっています。

 

今回、弊社ではライブ配信事業を取り入れたインフルエンサーマーケティングを

実際に企業に提案し、実践をしています。

 

従来のインフルエンサーマーケティングとは違い

ライブ配信マーケティングでは、「自然な認知」を働きかけることが可能です。

 

・広告っぽくない

・単発で終わらせたくない

・ニーズを知りたい

・データを取りながらやりたい

 

といった、企業にとって

おすすめなインフルエンサーマーケティングが

弊社がご提案する「ライブ配信マーケティング」となります。

ライブ配信マーケティングの狙い

株式会社MAKEUPONE'SLIFE マーケティング

ライブ配信マーケティングとは、タレントを目指している方や趣味で配信している方も多くいます。

その中で特に注目しているのは「コアなユーザーを獲得できる」といった点です。

インスタグラマーがインフルエンサーでは有名ですよね。

 

ですが、インスタグラマーを利用したインフルエンサーマーケティングは

効果を出す目的かといったら

 

実はそうではありません。

確かに、認知はできるかもしれませんが

CVには繋がりづらいんですよね。

 

その理由が気になるかたは

以前にも、記事を書いておりますので

こちらをご覧ください。

 

従来のインフルエンサーマーケティングは時代おくれです。

 

では、なぜライブ配信を注目したのか。

 

ここを解説したいと思います。

 

「ライブ配信市場は伸び続けている」

一つの理由としては、ライブ配信のニーズが高まっているという点です。

 

近年では、ユーチューブといった媒体が流行り、TikTokが流行っています。

そして、昔からあるライブ配信でいえば、

 

・ツイキャス

・ニコニコ動画

などが主流です。

 

昔からあったのですが、

 

ライブ配信にエンターテイメントの要素が加わったことで

一気に、ライブ配信事業の需要が高まりました。

 

動画やライブ配信というのは

「配信者」と「視聴者」との距離感が近く

気軽にライバーと話ができるのが魅力であり

 

テレビにはない魅力を持っています。

 

そのため、リスナーはライブ配信者とバーチャル空間で「テレビ電話」を

しているような錯覚があるため中毒性があります。

 

ライブ配信や動画というのは

マーケティングの中でもダイレクトプロモーションで

ユーザーに情報が伝わりやすい性質を持ち合わせています。

 

ですので、普段からあまり目立つことのない人が

ある空間では注目度の高い配信者として存在しているのが

ライブ配信プラットフォームです。

 

ライブ配信独自のニーズとコアユーザーとの関係がある

プラットフォームは多数あり

 

弊社では、そこに着目した

ライブ配信インフルエンサーマーケティングをすることにしました。

 

 

ライブ配信インフルエンサーマーケティング

株式会社MAKEUPONE'SLIFE マーケティング

そもそもインフルエンサーとは??

 

【概念】

影響や勢力、効果といった意味を持つ「influence」という英語が語源で、世間や人の思考・行動に大きな影響を与える人物のことを指します。
スポーツ選手やテレビタレント、ファッションモデル、特定の分野の専門家、インターネット上で大きな影響力を持つ一般人やブロガーなどがインフルエンサーの一例です。

 

つまり、とある空間での影響力を持つ人たちをインフルエンサーと呼びます。

 

YouTubeでも、ライブ配信でも、SNSでも、フォロワーがいれば

ある程度、インフルエンサーと呼べてしまうんですよね。

 

そこで、ライバーは「コアインフルエンス力」を持っている

かつ「コアファン」がいるため、コンバージョンが上がりやすい性質を持ち合わせます。

 

しかし、これらを活用したインフルエンサーマーケティングの事例は

あまり見たことがないのではないでしょうか?

 

弊社では、企画力を武器とし

 

一次拡散だけではなく

二次拡散からその先の影響力を広げていくための

 

マーケティングを提案しています。
 

継続的なライブ配信マーケティング

株式会社MAKEUPONE'SLIFE マーケティング

従来のインフルエンサーマーケティングの悩みは多く単価が高いのも特徴的です。

 

かかる費用は一般的に「フォロワー単価」を用いて計算されます。

フォロワー単価とは、インフルエンサーの抱えるフォロワー1人あたりの金額で、

フォロワー単価と総フォロワー数(総リーチ数)により費用を算出します。

 

たとえば、

  • フォロワー単価:2円
  • 依頼したいインフルエンサーのフォロワー数:10万人

の場合の費用は、

フォロワー単価×フォロワー数
=2円×10万人
=20万円

となります。

 

また、

  • 自社製品やサービスのPRに最適なインフルエンサーを見つけられない
  • 依頼金額が低すぎてインフルエンサーのモチベーションが上がらず投稿の品質が悪くなる
  • ステマ(ステルスマーケティング)や思わぬ炎上につながる

 

ことが想定されます。

 

インフルエンサーマーケティングでは、上記のデメリットに注意しながら

マーケティングの計画を綿密にしていく必要があります。

 

ライブ配信を活用することで、これらを最低限の費用で運用し

データを蓄積、改善、修正、運用することが可能となります。

 

必要とされているのか。

ニーズや反応も実際に見ることができ

長期的なマーケティングを可能とします。

 

ライブ配信インフルエンサーマーケティング実績

株式会社MAKEUPONE'SLIFE マーケティング

ここで弊社の取引会社様の一つの事例を出します。

業界:美容

ツイッター運用代行も行っています。

9月にアカウントを作り始めて

0フォロワーで5000〜7000インプレッションを獲得

プロフィールに誘導、問い合わせも獲得

 

ライブ配信プラットフォームを活用したインフルエンサーマーケティングを提案。

 

注目度が高いマーケティングとなり

現在、運用中。

 

今回は、女性に絞ったマーケティングを展開してますが

次は、男性に絞ったマーケティングを展開予定。

 

定期的な運用を見込んでおり

認知も広がっています。

 

現在、データを集計段階ですので

公開は現状しておりません。

 

興味のある企業様は

ぜひお問い合わせください!

 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。