動画マーケティングの成功事例と動画マーケティングで失敗をしない集客方法を解説

お問い合わせはこちら

動画マーケティング成功事例とマーケティングのポイント

動画マーケティング成功事例とマーケティングのポイント

2021/09/30

動画マーケティングの概要

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングとは「動画を使ったマーケティング施策」です。
映像で商品やサービスの魅力を伝えて

 

「商品の認知度・理解度を上げる」

「購買意欲をかきたてる」

「ブランディング」

 

を行い、顧客や見込み顧客、潜在顧客の獲得を目指します。

 

近年では、動画を使ったマーケティング手法が伸びてきており

低価格で動画を作成しYouTubeに公開していく手法や

TikTokを使った動画マーケティング施策

ライブ配信を使ったマーケティング施策

 

も増加傾向にあります。

 

しかし、TikTokやインフルエンサーを使った

動画コンテンツの作成は「失敗に終わるケース」もあります。

 

その理由としては、

「クリエイターとして面白い動画を撮っている」だけ。

 

という理由があり、ユーザーは面白い動画を上げているな、この人。

という感覚でしかいないので

 

フォロワーがいるから広告をお願いしようと思っても

その実、あまりコンバージョンを高められる施策とは

言えないんですよね。

 

近年では、インフルエンサービジネスが流行し

「広告」だな。というユーザーの感知が敏感となり

 

広告を打つインフルエンサーにも

フォロワーが減るというリスクも伴うようになりました。

動画マーケティングを導入するメリットとデメリット

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングのメリットは

  • ・視覚と聴覚から多くの情報を伝えられる
  • ・ストーリーを伝えやすい
  • ・効果検証をしやすい
  • ・感情移入しやすい
  • ・魅力が伝わりやすい
  • ・集客の自動化できる
  • ・潜在見込み客を獲得できる

・テレビとは違い安価で施策を打てる
・費用対効果が高い

・商品の購買へとつながりやすい

・ユーザーの悩みを訴求しやすい

・集客導線を作りやすい

といったメリットの数々があげられます。

 

弊社のサービスでは「動画マーケティング」を活用した仕組み作りを

御社のサービスに合わせ提案をしながらコンテンツの作成をしていきます。

 

動画マーケティングのデメリットとして

・動画制作に時間とコストがかかる

・効果測定に時間がかかる

・撮影場所などの確保が必要

・キャスティングが必要(※ものによります)

 

コストがかかる一例としては

・ディレクション費用

・撮影費用

・キャスティング費用

・機材費用

・編集費用

その他、項目がございます。

 

動画マーケティングを自社で行うことで

制作費用のコスト面はカットできると思いますが

 

外注をして生産性を上げていくことで

より、多くのプロモーション施策を打ち出せることが

可能です。

動画マーケティングの成功事例

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングの成功事例を紹介します。

 

【事例1:ダスキン】

ダスキンの家族介護支援サービスの紹介動画です。

アニメーションの表現の幅を上手く活用し訴求動画を作られています。

静止画ではイメージがしづらい介護支援サービスの内容を

必要性やメリットも踏まえつつ説明を行っています。

介護は実写ではどうしてもドキュメンタリータッチになってしまうテーマですが、

アニメーションで表現することで、抵抗なく観ることができるようになっているのが特徴です。

 

【事例2:放置少女(スマホアプリ)】

スマホアプリゲームの「放置少女」では、深田恭子さんや足立梨花さん、大野いとさん、佐野ひなこさん、新田さちかさんを

起用したCM動画が話題となりました。

CM用の動画にかかわらず、YouTube上での再生回数は6,000万回を超えています。(2021/09/29現在)

【放置少女 YouTube】

 

【事例3:freee株式会社】

クラウド会計ソフトなどを提供するfreee株式会社も動画マーケティングを活用している企業の1つです。

同社は、スモールビジネスに役立つ情報やプロダクトの使い方に関する説明動画を自社のYouTubeチャンネルで公開しています。

「テレワークで年末調整終わらせたい方へ」といった、ターゲットの課題に訴求するような動画コンテンツを毎週配信することで、

更新頻度の高いチャンネルとして認知され、チャンネル登録者数の増加や新規顧客獲得につなげています。

動画マーケティングの成功事例の1つと言えます。

freee株式会社

 

 

 

動画マーケティング用のコンテンツを作成する場合のポイント

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

・ユーザー層の設定
・コンセプトメイク
・定期的な効果測定

 

3つのポイントについて説明します。

 

動画マーケティングにおけるユーザー層の設定」

動画マーケティングに限らず、ユーザー層の設定は必ず必要です。

住んでる場所、年齢、男性、女性、どんな仕事をやっているのか、どんな趣味を持っているのか。

こういった、「人物像」や「情景」を思い描きながら

ユーザーを設定し発信を行っていきます。

 

つまり、ブレない発信をしていくためには

人物像を作ることが非常に大切になります。

 

動画マーケティングにおけるコンセプトメイク」

コンセプトメイクとは、簡単にいえば「魅せ方」

どういう風にユーザーに見てもらいたいのか。

方向性を決めていくことが重要です。

 

コンセプトメイクを決めていくことで

ユーザーに分かりやすい印象や

イメージを伝えていくことができます

 

「動画マーケティングにおける定期的な効果測定」

動画マーケティングにおける定期的な効果測定では

youtubeのアナリティクスの分析を行います。

 

・どの時間帯が多く見られているのか

・どこでユーザーが離脱しているのか

・ユーザーが動画を見ている時間とは

 

など、アナリティクスのデータを見ていくことで

ユーザーの行動から反応を読み取り

改善を行っていく必要があります。

 

現在、youtubeを使ったマーケティングの活用方としては

長尺、20~30分でも見るユーザーが増えています。

 

 

背景としては、「〜ながら聞く」というような背景があり

そのまま見るのではなく、〜しながら見るという

背景があります。

動画マーケティングで自動集客を作る仕組みとは

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

 YouTubeを使った動画マーケティングの良いところは

「自動的に見込み客の獲得ができる」ツールであるということです。

 

ライブ配信者とは異なり

youtubeの動画は資産価値として高く

関連動画としておすすめに出てくるため

 

永続的な見込み客の獲得ができるようになります。

 

つまり、テレビとは違い

現在、多くの企業は安価で作れる

WEB動画に移行をしており

 

 

自社のブランディングを動画マーケティングを使って

行っている企業が多いです。

 

youtubeで動画マーケティングを行うことで

自動集客をできるツールになるからです。

B to C企業の動画ブランディング戦略

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングを使えば、企業ブランディングだけではなく

商品ブランディング、見込み客の教育、見込み客のアフターフォローも行えます。

 

動画コンテンツを作成してアップロードすれば

一度、説明したことを何回も説明する必要などはなくなります。

 

例えば、よくある質問内容を動画コンテンツまとめることで

顧客の悩みが出てきたときに

 

動画コンテンツが存在することによって

営業時間外でも悩みを解決することができます。

 

動画制作をすることでブランディングがスピーディになる理由として

 

弊社では、SNSの活用とライブ配信の活用を合わせた提案を行い

ブランディングの促進が可能となります。

 

youtube市場は、コンテンツをアップロードする

ユーザーも増え続けており

youtubeだけの施策では伸ばしづらくなっているのも現状です。

 

 

しかし、弊社の動画マーケティングでは

単体での提案ではなく

 

複合的にマーケティング施策を構築を行い

仕組み化をし動画マーケティングの構築を行います。

低コストで使える動画マーケティングを活用したインフルエンサーマーケティング

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

低コストで動画制作できる会社を探すことも、動画マーケティングにおいては重要です。
動画マーケティングでは、定期的な効果測定の上でPDCAを回し、改善していくことが必要になってきます。

つまり、測定期間中は改善した動画をいくつも制作する必要があります。

もし動画の制作費用が高額な場合、効果測定が満足な回数行うことができなかったり、測定期間が長期になってしまいます。

より短期で効果的な改善を行うためにも、低コスト・短納期で動画制作をすることができる動画会社を探すのがおすすめです。

 

【定期的な効果測定】
動画マーケティングでは定期的に効果測定をし、PDCAサイクルを回し、動画の内容を改善していくことが重要です。
期間と測定回数を定め、効果測定と改善を行っていくことで、動画マーケティングの効果をより短期で高めることができます。

動画の効果測定は、文章や静止画の場合よりも多くの要素を用いて行うことが可能です。
動画特有といえる効果測定の要素は、以下のようなものになります。

 

①動画のクリック率
②再生回数
③視聴維持率
④チャンネル登録数
⑤コメント数

 

特に視聴維持率は、動画の長さやどのような内容が不必要かを判断する有効な材料になりますので、特に注意して確認したい項目です。

上記のような要素にサイトコンテンツとしての要素であるページの滞在時間や直帰率、CV率を加えて、動画をデータ分析し、改善点を探していくことが重要になります。

 

動画マーケティングは、youtube動画を作ることだけではありません。

 

コンテンツを作る→仕組みづくり→SNSマーケティングを活用しながら

弊社では、御社に寄り添った企画と提案を行います。

 

 

実際に、やりとりさせて頂いている企業様の中でも

動画マーケティングと、インフルエンス力を活用したライブ配信マーケティング、

SNSマーケティングを組み合わせた提案をし

 

自然と告知され、認知が広がる仕組みを提供しています。

 

目的としては、事業の認知を幅広く広めていくとともに

サイト誘導や登録までを意識した導線作りと話題性を作り

確度の高いコンバージョン獲得を目指しています。

 

中・長期的に動画マーケティングで顧客教育をしながら自動集客できる方法

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングを活用する狙いの一つとして

「中・長期で狙っていく自動集客」にあります。

 

YouTubeを活用することで

ユーザーが調べた時に

関連性のある動画が露出するような

 

ロジックになっており

集客を自動的に行います。

 

動画マーケティングでは

YouTubeのアカウント設計や

設計の見直し、分析、リサーチ、改善を

行いながら、動画の最適化を図ることが重要です。

 

 

例えば、御社がリスト集めをしたい。という目的で

動画マーケティングを活用したい場合

 

弊社では、動画マーケティングのみの施策だけではなく

SNSマーケティング✖️ライブ配信を活用した

弊社独自のインフルエンサーマーケティングを活用

 

したご提案し、動画コンテンツでのブランディングの

最適化をしていきます。

 

 

動画コンテンツを利用することで

ユーザーへの情報を提供し

信頼構築やサービスの説明などの

自動化を図り教育することが

 

可能となります。

 

動画マーケティング✖️ライブ配信事業✖️SNSマーケティングで効果を最大化する方法

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

マーケティングでは、相性の良い組み合わせをすることによって

効果の最大化を生み出す施策を考案することができます。

 

SNSを例で出すと

 

Twitter✖️YouTube✖️LINE@

インスタグラム✖️YouTube✖️ブログ

ティックトック✖️YouTube✖️メルマガ

 

など。

 

それぞれの特性を活かしながら

顧客の流入を行い最大化することができるのが

 

仕組み化の利点です。

 

デメリットとしては

「手間」がかかる。ということ。

 

ブログにしても、インスタグラムにしても

YouTubeにしても、Twitterにしても

 

画像の素材や文章作成

ブログを書かなければいけない。

 

などの手間が存在します。

 

これらを、効率的に運用しマーケティングの最大化を図ることが肝心です。

 

動画マーケティングだけでは難しい。その理由を解説。

株式会社MAKEUPONE'SLIFE 動画マーケティング

動画マーケティングをしたい。と考えている企業は少なくありません。

 

しかし、動画マーケティングのみを考えていると

失敗する可能性があります。

 

ここでの「失敗する」という定義として

 

思うような見込み客の獲得ができない。としましょう。

 

動画マーケティングを行いたい企業様の「よくある質問」として


マーケティングにおいて、「動画」はどんな場面で活用できるの?
「動画」を作りたい時、何から始めたらいいの?企画・制作から公開までのフローは?
「動画」の良し悪しってどうやって評価するの?KPIは再生数だけ?


など挙げられます。

動画は基本的にどの場面でも活用ができ
テキストでは伝えきれない情報量の多さを
動画内で盛り込むことができるので
非常に効果的になります。

 

自社で動画をいざ作成しよう!と思うと

コストは抑えてできるかもしれません。

しかし、動画制作のフローの多さは

時間と労力を使うため

 

制作に慣れていない企業の方は

外注した方がいいです。

 

特に制作をするということは

編集する時間なども出てくるため

外注するか、編集専用のスタッフを雇う。

など検討する必要があります。

 

動画の良し悪しは

KPIだけではありません。

 

仮に認知を目的とするのであれば

 

  • 対象の動画が視聴された総回数である「動画の再生回数
  • 視聴の有無に関わらず動画が表示された回数である「インプレッション数
  • 動画を視聴した実人数である「ユニーク視聴者数
  • 動画視聴によって起きた変化(ブランドリフト)のうち、ブランドの認知率を示した指標である「ブランド認知度

 

の分析をした方が良いです。

 

これらの数字をデータ化し

より見られる動画にするためには

どこを改善したほうがいいのかなど

検討し、作っていく必要があります。

 

結果、動画マーケティングのみではなく

目標達成のためには

 

SNSマーケティングを組み合わせたり

話題性を作る企画を考えたりする必要があります。

 

その他、参考までに掲載しておきます。

 

②商品・サービスの理解促進を目的とした場合

動画を通して商品やブランドの理解促進を目的とした場合には、できるだけ長く動画を観てもらうことが重要です。よって、以下のような指標で評価します。

 

  • 動画が表示された回数のうち、一定秒数以上再生された確率を示す「再生完了率
  • 動画が再生された時間の合計である「総再生時間
  • 1回あたりの再生時間の平均である「平均再生時間
  • 動画視聴によって起きた変化(ブランドリフト)のうち、ブランドに対する好意度の指標である「ブランド好意度

 

③商品購入や問い合わせなどコンバージョンを目的とした場合

動画を通して、視聴者に一定のアクションを取らせることを目的とした場合、効率的にそのアクションに導くことが大切です。その評価のためのKPIは以下の通りです。

 

  • 広告が表示された回数のうち、クリックされた数の割合である「クリック率
  • 問い合わせや購入などの合計数である「コンバージョン数
  • 動画を埋め込んだ広告LP上の訪問数のうち、コンバージョンした数の割合である「CVR
  • 動画視聴によって起きた変化(ブランドリフト)のうち、その商品の購入意向を調査した「購買意向度

 

目的別で考える必要もある中で

 

個人事業主、ユーチューバー、企業が動画マーケティングに

多く参入してきています。

 

ですので、動画マーケティングの活用だけでは

動画が埋もれてしまい

 

作ったのに再生数が伸びない

動画が見られない

 

ユーザーに届かない

といった事態を招く結果になってしまいます。

 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。